心をのぞく夢占い

金・銀

スポンサードリンク

色がついている夢の中から、金色と銀色が印象に残る夢の意味を紹介していきましょう。

金色が印象に残る夢は、身の程を知らない願望は、大事なものを見失ってしまうという警告になります。 気持ちの中で留めておくには何も問題がないのですが、それを手に入れようと行動したその瞬間から、大事な物があなたから離れ始めてしまいます。 後悔しないように、現実を見つめなおす必要があるでしょう。

今、とても苦しい状況におかれていても、必ず光は差し込むということを暗示している夢です。 反対に考えると、今の状況を乗り切るためには、まだまだ光が足りないということでもあります。 希望を失わないように心がけなければいけません。 どんな希望でも持ち続けていることで、いつか事態は良い方向に向かいます。 銀色は夢が応援している色です。


ページメニュー

サイトメニュー

スポンサードリンク